MONTHLY - 2017

2017.04

ヘンショクリュウ

MUSICAMUSICA

縦ノリの楽曲のエントリーが多い中で、重心が低く、ズシッと腰にくるようなグルーヴを中心に据えた楽曲はとても耳に残り、心からカッコいいと思いました。HPやMVのアートワークにも統一感があり、バンドの目指す方向性がしっかりと伝わるのも好印象でした。

A-SketchA-Sketch

ブラックミュージックやオルタナティヴから影響を受け、自分達の音楽に昇華した新しいダンスミュージック、まさに新星が現れたと思いました。ただ「変わってるね。」ではなく「新しい。」と興味を持ってもらう為にはどうすればいいか、自分たちのやりたい音楽と届けたい層をもっと突き詰めて、日本のバンドシーンで突き抜ける存在になってほしいなと思います。

SPACE SHOWER TVSPACE SHOWER TV

一度聴いたら離れなれない、完全なる中毒性を孕んだこの「新しい数え方」。Vo.萩原さんの他にはない表現力、エキセントリックな曲の構成は彼らにしか創り出せない世界です。「逃げ出したい」という他の楽曲もとてもかっこよく、何度も聴いています。ぜひともライブを観てみたいアーティストです。耳の早いリスナーの心を一瞬で掴める力がありました。

HIP LAND MUSICHIP LAND MUSIC

平均年齢24歳とは思えないディープなサウンドが魅力的。ギターロックバンドが多い中、ずっしりとしたベースラインと、古き良き演歌のようなコブシの効いた音楽性はとても特徴的で耳に残る楽曲でした。他の楽曲では音楽性の幅も感じることができ、ぜひライヴを観てみたいと思いました。

ARTIST PROFILE

ヘンショクリュウ

都内を中心に活動をする自称「実演家音楽家集団」。メンバーは萩原慈悲之(Vo&Ba)、隅田川倫素(Gt)、 多華橋喜吉(Dr)の3人。レペゼンする日本(にっぽん)の日本語と、ルーツに根ざした音楽性で“新しい音楽”を発信する。
http://hempshockdragon.com

MONTHLY - 2017