MONTHLY - 2017

2017.04

reGretGirl

MUSICAMUSICA

等身大の歌詞を伸びやかなヴォーカルに乗せまっすぐに伝える楽曲は多くの同世代に届きうるポップネスを持っていると思います。各パートのレベルも高く、音像や構成も練りこまれていて、聴けば聴くほど発見がありました。

A-SketchA-Sketch

『メール』では無く『ライン』という歌詞が時代の変化を感じ、とても衝撃でした。聴きやすくてキャッチーなメロディも良いと思います。多くのバンドを聞いた中でも、何故か気になってしまうバンドです。

SPACE SHOWER TVSPACE SHOWER TV

失恋した男性の心の声がリアルに綴られた歌詞に乗せられたメロディが、とても力強く前向きなものだったので、聴き終わった段階では前向きになっている不思議な力がありました。彼らの他の曲「ブロッサム」もロックとPOPの要素が丁度よく交じり合って心地よかったです。ヴォーカル力もあるので、これぞというバラードの曲も聴いてみたいと思いました。

HIP LAND MUSICHIP LAND MUSIC

切ない歌詞に伸びやかな歌声が心に響きました。キャッチ―なメロディを奏でるギター、ベース、ドラム、そこに4つの目の楽器として歌声がきれいに乗っており、誰しもが経験しているであろう等身大の歌詞がまっすぐと伝わる楽曲だと思いました。多くの人に寄り添うことができそうな楽曲に共感できる人も多いのでは。

ARTIST PROFILE

reGretGirl

大阪を拠点に活動するスリーピースバンド。彼女にフラれたことがキッカケで始まったという。平部雅洋(Vo&Gt)が作り出す、切なくて女々しい歌詞にキャッチーなメロディーが特徴的なバンド。
http://regretgirl.wix.com/regretgirl

MONTHLY - 2017