MONTHLY - 2017

2017.05

MASH BROWN

MUSICAMUSICA

とにかく一貫して「華やか」。ただし、それは上辺をなぞった軽薄なものではなく、確かな音楽性に裏付けをされていることが曲を聴いているとわかります。型にはまらず、自分の道を信じてしっかり歩んで欲しい。

A-SketchA-Sketch

洋楽を歌うようなメロディに、英語と日本語が入り交じった言葉遊びのある歌詞が面白かったです。活動開始直後という事ですが、楽曲の多さに驚きました。バラエティに富んだ楽曲を持ちながらも自分達のカラーはしっかりと持っているので、今後を更に楽しみにしています。MVも工夫されていました。

SPACE SHOWER TVSPACE SHOWER TV

“Bye Bye”は、つい体が動き出してしまうようなポップな楽曲でとても印象に残りました。キーボードがいることにより、さらにバンドサウンドに華やかさを与えているように感じます。また、2曲目の“Old No.7”は、ポップな印象とはまた違った表情を持った楽曲で、バンドとしての幅広さ、自由さを感じさせられました。

HIP LAND MUSICHIP LAND MUSIC

イントロのKeyのサウンドから始まり、楽曲全てを通してパーティーのようで、聴いていて明るい気持ちになりました。MVにも楽曲の空気感が反映されていて素敵です。別楽曲もまた違った雰囲気でバンドとしての振り幅もあり、ぜひライヴを観てみたいと思いました。

ARTIST PROFILE

MASH BROWN

前身バンドを経て2017年5月活動開始。田中 健太(Vo&Gt)、小田 翔武(Gt)、本田 泰都(Key)、松尾 直哉(Ba)の4ピースバンド。バンドの枠にとらわれずに自由なポップスを表現している。
https://www.mashbrown.jp

MONTHLY - 2017