logo2018

08MONTHLY ARTISTS

タテヤマ リュウノスケ

上モノ、リズムのセンスが素晴らしく、思わずPCの前でノッてしまいます。歌声ももちろん良いのですが、間奏で流れてくる上モノの一音・一音にもこだわりを感じて聴き入ってしまいました。ジャンル的にも圧のある歌詞は必要ないと思いますが、コピー性のあるフレーズが意図的に入れ込めるようになるとより曲の記名性が上がってくると思います。ライヴはこれからのようなので、ライヴでの表現も気になります。【MUSICA/MASH A&R:秋葉】

グローバル感覚を持ち合わせていると感じさせるサウンドメイクの中に、どこか懐かしいJ-POPの匂いがする歌詞と歌メロが入ってくる、という良い違和感に耳が止まりました。クラシックピアノをしっかりやられているからか、聴き慣れないのに気持ち良い和音が作れる、採用されていることも長所だと思います。他の曲にわかりやすく入っているピアノはオススメ。【HIP LAND MUSIC/MASH A&R:幸山】

タテヤマ リュウノスケ

21世紀を生きる21歳。 幼少の頃からクラシックピアノを習い、15歳の時に作曲を始める。 大学では幅広く芸術を学んでいる。
https://eggs.mu/artist/free0diall
Twitter: https://mobile.twitter.com/free0diall